注文住宅がコストがかかってしまう本当の理由について

注文住宅がコストがかかってしまう本当の理由について 注文住宅を建てようと検討された方の中には値段の高さにびっくりされた方も多いのではないでしょうか?実は注文住宅は建売住宅と比べてコストがかかる当然の理由があります。
建売住宅は設計や内装・間取り等が売主によって画一的に決められてているため工期が短期間で済みますが、注文住宅は施主の要望に応えて設計していきますので、工期は建売住宅も長くなります。
長くなれば建設する大工さんに対する報酬も高くなりますので、コスト高になります。
建売住宅の場合設備面においても同じ製品を大量発注することによって安く仕入れることが出来ます。
一方注文住宅の場合設備においても施主が選択できますが、こだわって特注の製品を選ぶことも可能ですが、当然高くなります。
さらに価格には工務店の経費も反映されています。
この経費にはテレビ広告、ポスティングや折り込みチラシ等の広告費だけでなく建売住宅とは違い住宅展示場の維持及び常駐する従業員の人件費もかかってきます。

オーダーメイド仕様の注文住宅はとても魅力的

オーダーメイド仕様の注文住宅はとても魅力的 マイホームを持ちたいと思うの場合には、すでに完成している建売住宅を購入すべきかそれともすべて自分たちの好みで建てるオリジナルの注文住宅にするのか大変迷うものです。
どちらにもたくさんのメリット及びデメリットがありますが、オーダーメイドの注文住宅ですと自分たちが住みやすい間取りにすることが出来ますし、家族の人数や生活パターンなどに合わせて部屋の大きさなどを設計できるという魅力があります。
子供たちと一緒に、壁紙や照明器具を選んだりできるのは注文住宅ならでは魅力といえます。
では、注文住宅を建てたいと思うのであればまずは何から始めればいいのでしょうか?それは、情報収集です。
たくさんの建築事例から成功例と反対に失敗例を要調べることです。
また、モデルハウス展示場に行って実際に物件に触れて体感するなら、より理想的な家を建てることが出来ます。
ぜひ、オーダーメイドの家を手に入れて家族の絆を深めていきましょう。